ハワイ

クアロアランチの四輪バギーでおすすめの服装は?免許は必要?

四輪バギー

ハワイで絶対に訪れたい人気の観光スポット「クアロアランチ」

乗馬、ジップラインなど様々アクティビティがありますが、中でも人気なのが四輪バギー!

広大な自然のなかを四輪バギーで駆け巡るのは、ここでしかできない体験です。

ただ、水たまりや泥の上を走るので服装や、そもそも四輪バギーを運転するのに免許が必要なのかなど気になりますよね。

そこで今回は、おすすめの服装免許が必要かなど、実際に参加した体験談とあわせてまとめてみました。

クアロアランチの四輪バギーでの服装は?

クアロアランチの公式ホームページによると、「楽で、また汚れてもよいお支度で」とあります。

これだけではイメージできないこともあると思うので、具体的にどんな服装がよいのか考えてみました。

  • 上半身

動きやすく汚れてもよいTシャツ。

日差しが強いので日焼けが気になる方は長袖がおすすめです。

  • 下半身

動きやすく汚れてもよい長ズボン。

ハーフパンツやショートパンツで体験されている写真も見かけるので、丈が短いものでも大丈夫なようです。

ただ、汚れや日焼け、万一の安全が気になる方は、長ズボンがベターです。

スニーカー。

安全上の理由で、サンダルなど指がでている靴では参加できません。

ただし、うっかりサンダルで行ってしまっても、5ドルで靴がレンタルできます。

※私は知らずにサンダルで行ってしまったため、レンタルしたのですが、その時はクロックスのような靴を貸してもらえました。

安全対策のため貸し出しのヘルメットを被ることになるので、日よけの帽子などは不要です。

女性の方は、髪型をアップにしているとヘルメットをかぶりづらいので、髪は下の方にまとめておくことをおすすめします!

クアロアランチの四輪バギーに免許は必要?

四輪バギーのアクティティに参加するのに、免許は必要ありません

16歳以上であれば、免許の有無にかかわらず、四輪バギーのアクティビティに参加することができます。

クアロアランチの四輪バギーを実際に体験!!

クアロアランチの山

スタンバイ

手荷物はロッカーに預けます。

貸し出しのヘルメットをかぶり、四輪バギーを受け取ります。

運転方法の説明

始めに四輪バギーの運転方法の説明をうけます。

とはいっても、運転方法は単純でアクセルとブレーキの使い方くらいで、とてもシンプルです。

運転テスト

ちゃんと運転出来るかテストがあります!

不合格だと、自分で四輪バギーを運転できず、ジープに乗せられて参加することになります

私は自動車や原付は運転したことがありますが、四輪バギーは初めてでした。

始めはハンドルも重いし、思ったよりも地面の凸凹でガンガン揺れるしで不安でしたが、なんとかテストは無事合格できました!

運転のコツは、恐る恐るアクセルを踏むとガクンガクンしやすく、ハンドルも凸凹にとられやすいので、しっかりとアクセルを踏み込んだほうが安定して走ることができると思いました。

ごくたまに不合格になる人がいるようですが、ほとんどの人が合格して、四輪バギーのツアーに参加できているようです。

私と一緒に参加した友人(20代女性)は、テストではなんとか合格ましたが、運転がおぼつかないため、ツアー途中で危険とみなされ、ジープに乗り換えて移動となりました。

ですがジープからもクアロアランチの壮大な景色は十分に堪能できたようです!

いざ壮大な自然の中を四輪バギーで駆け巡る!

ツアーの始めは運転が不安でしたが、運転しているうちにすぐに慣れることができました

クアロアランチの深い緑と切り立つような山々の間を四輪バギーで走るのはとても爽快で、貴重な体験となりました。

また、私はもともと自動車の運転が好きなのもあって、四輪バギーで凸凹のオフロードを運転することが想像以上に楽しかったです!

「四輪バギーが欲しい!」とさえ思ってしまいました。

特に乗り物の運転が好きな方にはおすすめです!

現地で知り合った60代の女性は、20代の男性が多いグループで比較的激しいコースが多かったようですが、ガンガン運転して楽しまれていました!

四輪バギーをしっかり運転して楽しめるかに年齢は関係ないようですね!

終了

服装で「汚れてもよい服」とありますが、私が参加したときは、天気も良かったためか、特に服が汚れたと感じることはありませんでした

ただ、天気が悪かったり、地面が特にぬかるんでいるときは泥が服にはねたりすることもあるかもしれないので、「汚れてもよい服」で参加したほうが間違いないですね!

まとめ

四輪バギーのおすすめの服装は次のとおりです。

  • 上半身:汚れてもいいTシャツ
  • 下半身:汚れてもいい長ズボン
  • 靴:スニーカー
  • 頭:不要 ※ヘルメットをかぶるため

また、四輪バギーを運転するのに免許は必要ありません

四輪バギーは初めてでも、すぐに運転に慣れることができますし、壮大な自然の中を駆け巡れるのはかけがえのない貴重な体験となるはずです!

ぜひ、クアロアランチで人気の四輪バギーに参加してみてくださいね!