著名人

カマラハリスの父親、母親、妹の経歴、職業がすごい!家族全員エリート!

2020年11月8日、カマラ・ハリスさんがアメリカ史上初の女性副大統領に指名され話題となっています。

そんなカマラ・ハリスさんが育った家庭は、

父親は教授、母親は科学者、さらに妹も弁護士と超エリート一家なのです。

カマラ・ハリスさんの家族について詳しくご紹介します。

カマラ・ハリスの家族

カマラ・ハリスさんと父親、母親、妹についてご紹介します。

  • 父親:ドナルド・ハリス/経済学者
  • 母親:シャマラ・ゴパラン/乳がん研究者
  • 長女:カマラ・ハリス/上院議員、アメリカ副大統領候補
  • 次女:マヤ・ハリス/弁護士、政治評論家

父ドナルド・ハリスさんと母シャマラ・ゴパランさんは、同じ大学院カルフォルニア大学バークレー校に通っていました。

学部が違うため授業で一緒になることはありませんでしたが、1960年代の大学キャンパスでおきた学生運動の中で出会いました。

黒人作家や政治、脱植民地化などについて語り合ううちに、意気投合したようです。

シャマラ・ハリスさんはインド出身のため結婚は伝統のお見合のはずでしたが、それを拒否して1963年にドナルド・ハリスさんと結婚します。

1964年にカマラ・ハリスさん、1967年にマヤ・ハリスさんが生まれます。

1971年、ドナルド・ハリスさんとシャマラ・ゴパランさんは離婚。

カマラ・ハリスさん7歳のときです。

その後シングルマザーで育てられたカマラ・ハリスさんは、母親の影響を強く受けました。

2009年、シャマラ・ゴパランさんは結腸癌のため亡くなっています。

父親ドナルド・ハリスの経歴・職業

ドナルド・ハリスさんはジャマイカ出身のアメリカ人です。

1938年8月23日生まれで、現在は82歳。

職業は経済学者で、アメリカ・スタンフォード大学の名誉教授です。

学歴

  • 1960年 西インド諸島大学
  • 1966年カルフォルニア大学バークレー校(博士)

経歴

大学院で修士取得後、イリノイ大学、ノースウェスタン大学で助教授、ウィスコンシン州大学で准教授を務めました。

1972年、スタンフォード大学経済学部の教授になりました。

スタンフォード大学経済学部では歴代初の黒人の教授でした。

その他、ケンブリッジ大学はデリー大学、イエール大学の客員教授もしていました。

1998年にスタンフォード大学を退職し、スタンフォード大学の名誉教授になりました。

母国ジャマイカの経済分析や経済政策の研究も継続して関わっていました。

ジャマイカ政府の経済政策コンサルタントやジャマイカ歴代首相の経済顧問も努めたそうです。

2015年5月時点にはジャマイカから帰化してアメリカ人となっていました。

有名な著書に「資本蓄積と所得分配」があり、1983年に日本でも翻訳版が出版されていたそうです。

母親シャマラ・ハリスの母親の経歴・職業

シャマラ・ゴパランさんはインド出身のアメリカ人です。

職業は乳がん研究者です。

経歴

1938年4月7日にインドで生まれました。

父親はP.V.ゴパランという方で、インドの上級公務員でした。

当時女性は家事をするのが当然で、女の子は学校でも家庭に関することを学ぶのが一般的でした。

シャマラさんはインドのデリー大学の構成する一つ、レディーアーウィン大学で家政学を学んでいました。

しかし、父親は家政学などを学ぶことがシャマラさんの能力に合わないと考えをもっていました。

母親も子どもたちには医学や工学、法律などの専門的な分野でキャリアを築いてほしいと考えました。

1958年シャマラさん19歳のとき、アメリカのカリフォルニア大学バークレー校の栄養学と内分泌学の修士課程入ることができました。

1964年には同大学で博士号も取得しました。

大学卒業後は、イリノイ大学やウィスコンシン大学、レディデイビス医学研究所、マギル大学などで乳がん研究者として働きました。

また、大統領の乳がん特別委員会の委員なども務め、最後はローレンスバークレー国立研究所で働きました。

シャマラさんの研究で乳がんとホルモンの関係について進歩がもたらされました。

2009年2月11日、70歳で結腸がんのため亡くなりました。

シャマラ・ハリスの身長は5フィート以下でしたが、彼女に会ったことがあれば、彼女の身長は7フィートだと思うでしょう。彼女はそのような精神と粘り強さを持っていて、私は毎日彼女に育てられたことに感謝しています。今日を祝うすべての母親、継母、そして母親の姿に幸せな#MothersDay

カマラ・ハリスさんがアメリカ副大統領候補になるまでには、シングルマザーとして働くシャマラさんに大きな影響を受けていたことがわかります。

シャマラハリスさんは活躍する女性の道を切り開いて開いてきた方ですね。

妹マヤ・ハリスの経歴・職業

ドナルド・ハリスさんはジャマイカ出身のアメリカ人です。

1967年1月30日生まれで、現在は53歳。

アメリカの弁護士で社会運動家でもあり、テレビコメンテーターなどをしています。

学歴

  • カリフォルニア大学バークレー校
  • スタンフォード大学(法務博士)

経歴

大学卒業後は弁護士事務所で民事や刑事訴訟に携わります。

1998年にはサンフランシスコデイリージャーナルの40歳未満の新進気鋭の弁護士トップ20の一人に選ばれ、活躍されていたことがわかります。

1998年にトニー・ウェストさんと結婚。

子供は1人で、現在36歳になる娘ミーナ・ハリスさんがいます。

1984年17歳で出産をしており、現在の夫との子供ではないようです。

ミーナ・ハリスさんもすでに結婚しており、2人の女の子がいます。

姉カマラ・ハリスさんの活動を支援しています。

 

https://marimo-blog.net/kamalaharris-anti-japanese%ef%bc%9f-960