俳優・女優

【全文コメント】芦田愛菜『信じること』言葉に感銘を受けて心打たれる人が続出!

2020年9月主演映画『星の子』の完成報告イベントで、芦田愛菜さんが「信じること」について話題となっています。

芦田愛菜さんが語った「信じること」の全文コメントをご紹介するとともに、その言葉に感銘を受けた人たちの感想をまとめました。

【全文コメント】芦田愛菜『信じること』

芦田愛菜さんは、主演を務める映画『星の子』の完成報告イベントで、作品のテーマの1つである「信じる」について問われ、次のように熱弁されました。

「『その人のことを信じようと思います』っていう言葉ってけっこう使うと思うんですけど、『それがどういう意味なんだろう』って考えたときに、その人自身を信じているのではなくて、『自分が理想とする、その人の人物像みたいなものに期待してしまっていることなのかな』と感じて」

「だからこそ人は『裏切られた』とか、『期待していたのに』とか言うけれど、別にそれは、『その人が裏切った』とかいうわけではなくて、『その人の見えなかった部分が見えただけ』であって、その見えなかった部分が見えたときに『それもその人なんだ』と受け止められる、『揺るがない自分がいる』というのが『信じられることなのかな』って思ったんですけど」

「でも、その揺るがない自分の軸を持つのは凄く難しいじゃないですか。だからこそ人は『信じる』って口に出して、不安な自分がいるからこそ、成功した自分だったりとか、理想の人物像だったりにすがりたいんじゃないかと思いました」

引用元:東洋経済オンライン

芦田愛菜さんは読書家で才女との声が多いですが、「信じる」という抽象的なことについて言葉にして伝えることができるのは凄いとしか言いようがありません。

芦田愛菜主演 映画『星の子』

芦田愛菜さん主演の映画『星の子』は、2020年10月9日公開されます。

芦田愛菜さんは、主人公の「ちひろ」役で出演されます。

ストーリー

大好きなお父さんとお母さんから、愛情たっぷりに育てられたちひろ。だが、その両親はちひろが生まれたときの病気を奇跡的に治してしまった“あやしい宗教“を深く信仰している。思春期に差しかかったちひろは、両親に教えられた自分の世界を疑い始めていく。

引用元:映画ナタリー

芦田愛菜さんは5年ぶりの実写映画主演だそうです。

女優としての芦田愛菜さんの姿が見られる本映画も楽しみですね!

言葉に感銘を受けて心打たれる人が続出!

芦田愛菜さんの言葉に感銘を受けた人の声をご紹介します。